今、久住高原が危ない

久住高原の草原景観がなくなりつつあります。 それは、野焼きの中止が増加しているためです。
久住高原は私たちの心の拠り所であり、大分県のひいては日本の貴重な財産でもあります。
私たちは、これを守るため『久住高原を守る会』を設立いたしました。
久住高原の景観を維持するためには、野焼きの継続が必要不可欠です。
是非、皆様のご協力をお願いいたします。

野焼きを継続できない理由

  1. 農業の仕組みが変化したことによって野焼きの必要性がなくなった。
    (牛の飼育方法が変化して放牧をしなくなった)
  2. 危険を冒してまで、野焼きをする必要がなくなった。
  3. 法的問題として、すべての責任を火付け人が背負わなくてはならない。
  4. 経験者が高齢化してりーダー不足になった。
  5. 組合員が少なくなり、しかも高齢化して人手不足になった。
  6. 勤め人が増えて日曜日に予定が集中し、日程の調整が難しくなった。
    (計画を立てても天候次第で変更になると人員が揃わなくなる。)
  7. 杉等の植林地がベルト状に入り込んできており、防火帯作りが困難。
Next

野焼きをやめたらどうなる?

  1. 野焼きをやめれぱ10年余りで草原は林になってしまいます。
  2. 実際に野焼きをやめた場所は既に森になっています。
  3. 久住の将来は農業収入と共に観光収入が欠かせません。そのため草原景観はどうしても必要です。
Next

私たちの活動

ご挨拶

NPO法人 久住高原みちくさ案内人倶楽部

はじめまして、私は大分県竹田市久住町の上好 温(カミヨシ アツシ)と申します。
十数年前から『NPO法人 久住高原みちくさ案内人倶楽部』という組織の理事長をしております。この組織は国立公園の保護活動をしながら、地域の活性化を図ることを目的としていて、登山道の整備・登山ガイド・野焼きの手伝い・絶滅危惧種の保護・その他、体験農業イベントなどを実施しています。

近年、「大切な久住高原が草原状態から森林に変化していく場所が多くなってきた」との心配の声をあげる人が増えて参りました。原因は野焼きの中止によるものです。理由は、地元の過疎高齢化により野焼きの担い手不足や農業の仕組みの変化などによるためです。

この深刻な問題を解決するため、私達は『久住高原を守る会』を設立致しました。しかし、この会を運営するためには毎年多額の資金が必要になります。
そこで『久住高原を守る会』では賛助会員として資金を拠出してくれる方を広く募集することに致しました。

久住高原は私達の心の拠り所であり、大分県のひいては日本の財産でもあります。

久住高原

これを守るための事業にぜひともご理解を得まして入会してくれる方を求めております。
もし、当会の趣旨にご賛同頂き、賛助会員を希望する方がいらっしゃいましたら、お問い合わせフォームより送信していただくか、下記事務局宛にご連絡頂けますと幸甚に存じます。

是非、多くの皆様に久住高原の現状を知っていただき、ご協力をお願いする次第です。

『久住高原を守る会』会員・賛助会員のご応募はこちら

『久住高原を守る会』組織概要

大分合同新聞
  1. 会員登録制(各種団体としての登録も可)
    A) 牧野組合員  B) 地元消防団
    C) 協力企業   D) 個人としてボランティア会員
  2. 保険制度の確立
    野焼きを実行する個人に対して傷害保険を掛けると同時に、火付け責任者が背負う責任に対しても保険を掛ける。
  3. 研修制度の確立(ボランティア会貝に対する研修とリーダー養成)
  4. 防火帯作りを含めた野焼計画書の作成
  5. 企業・個人・等に賛助会員になってもらい、資金を集める。
    賛助会員とは会の運営に必要な資金を会費の形で納めてくれる個人や団体・企業・等で
    個人の年会費は1口3,000円とし、
    団休や企業の年会費は1口10,000円とする。

『久住高原を守る会』役員一同

会 長 上好 温(NPO法人 久住高原みちくさ案内人倶楽部)
副会長 足達 寛康(中部牧野組合 組合長)
会計局長 志賀 惟克(西組牧野組合 組合長)
理 事 佐藤 哲雄(稲葉牧野組合 組合長)
理 事 大久保 厚(獺野尾牧野組合 組合長)
理 事 工藤 一美(新町牧野組合 組合長)
理 事 麻生 賢志(岳麓寺牧野組合 組合長)
理 事 村田 良文(小柳牧野組合 組合長)
理 事 塩手 亨(株式会社 花公園 社長)
顧 問 廣瀬 舜一(株式会社HIひろせ 取締役会長)
監 事 都築 史郎(株式会社 久住高原ガンジーファーム 支配人)
監 事 竹田市久住支所の職員(担当者)

久住高原の美しい景観

※写真をクリックすると拡大表示できます。

会員募集

『久住高原を守る会』では会員、及び賛助会員を広く募集しています。

会員とは

賛助会員とは

『久住高原を守る会』会員・賛助会員のご応募はこちら

事務局

※お問い合わせはこちらまでお願いします。

所在地 〒 878-0201 大分県竹田市久住町大字久住84番地1
代表者 会長 上好 温(カミヨシ アツシ)
TEL/FAX 0974-76-0569
携帯電話 090-1199-4095

是非皆様のご協力をお願いします。